品質管理課の仕事内容について教えてください

出荷前の製品検査をはじめ、クレームが生じたときの原因究明、測定器具の管理などが主な仕事になります。品質管理課に一番求められていることは、製品の不備を事前に発見すること。出荷後の製品に対してトラブルが起きた場合は品質管理課の責任となるため、日々気を引き締めて仕事にあたっています。

仕事において難しさを感じるときは

扱う製品数が多く、その可否を判断するには長年の経験が必要な部分が大きいことですね。押出やアルマイトに関する知識など、まだまだ勉強不足だと感じさせられます。とはいえ仕事で悩んでいるとすぐに先輩が助けてくれるので、とてもありがたいですね。

本多金属工業の良さはどんなところですか

もともとは地元企業ということで興味を持ったのですが、実際に働いてみてとてもやりがいのある職場だと感じています。また、本多金属工業は人間味があってあたたかい会社だと思います。職場の人間関係も良いですし、私が所属しているソフトボール部にはさまざまな部署・年齢の方が参加しているので、ふだんの仕事では関わることのない方とのつながりが広がってとても楽しいです。

学生時代の経験で役立っていることは

研究活動ですね。目の前にある問題への対処法をいろんな角度から考えられるようになったのは、研究に取り組んできたからだと感じています。もともと、疑問が生じたらとことん解明しないと気が済まないタイプなので、そういった性格は今の仕事に向いているのかもしれません。

就職活動中の学生にひとことお願いします

企業説明会では、担当の方の仕事に対する思いを聞くことができるいいチャンスだと思います。業種を絞らず、さまざまな企業に興味を持って参加すると考えの幅も広がると思いますよ。

ボイスインタビュー