人と地球の未来にアルミニウムをつうじて貢献する Hondalexグループ|本多金属工業株式会社|本多商事株式会社|HMIV|VMMP|

表面加工

表面加工

表面加工技術

耐久性を向上させ美しさを保つため、押出し加工されたアルミ形材に表面処理を行います。表面に残った油分や自然酸化皮膜を除去し、アルミ形材を電解液に浸して電気化学的に酸化皮膜を作ります。この表面加工技術を「アルマイト」と言い、浸す時間や電力、溶液などを変えることでさまざまな色や質感を施すことができます。

アルマイトの特徴Features of Alumite

  • アルマイト特徴

    表面の色が変化したり腐食したりするのを防ぐため、押し出されたアルミ製品には必ず表面処理を行います。表面処理の方法にはさまざまありますが、アルミニウムを硫酸などの溶液に浸し電解処理を施して皮膜を生成させる「アルマイト(陽極酸化皮膜)」と呼ばれる方法が一般的です。

  • アルマイト処理

    アルミニウムは自然の状態でも薄い酸化皮膜に覆われていますが、アルマイト処理で人工的に酸化皮膜を厚くすることで、美しさを保ち耐腐食性を高めます。

アルマイト紹介映像Alumite Process – Movie

HONDALEX:ホンダレックスグループ|本多金属工業株式会社

footer_logo

本 社  〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄三丁目32番22号 青木ビル7F・8F・9F

Copyrighct(C) HONDA METAL INDUSTRIES,LTD. Allright Reserved.